介護システムのソフト

subpage1

介護の事務を行う上でシステムソフトの使用は欠かすことができません。

ただ、サービスは多様で、その種類は居宅介護支援サービス、施設サービス、居宅サービス、地域密着型・特定施設サービス、障がい福祉サービスの5つに分かれます。

介護のシステムの情報を公開しているサイトです。

そのため、それぞれのサービスに合わせたシステムが導入されたソフトを活用する必要があります。

nanapiの情報が更新されています。

また、ソフトの活用では、利用しやすさだけではなく、電話での相談やニーズに対応してくれる親切心など、ヒューマンレベルのやりとりも重要です。居宅介護支援事業者や地域包括支援センター向けの居宅介護支援サービスは、アセスメントからモニタリング・評価まで一連の流れをスムーズに管理できることが重要です。

介護老人保健施設・老人福祉施設向けの施設サービスと、地域密着型・特定施設サービスは施設業務に必要な機能がコンパクトにまとめられており、請求業務やケア記録など幅広い業務に対応できることが求められます。



訪問看護サービスなどの居宅サービスは、幅広い事務作業や請求管理、実績管理などがワンパッケージでサポートされている必要があります。


障がい者サービスの場合は高齢者サービスとはシステムが異なるので、総合支援法に対応した状況管理、自立支援給付費・利用料請求、上限額管理等の業務のサポートが必須です。

また、障がい児通所支援施設向けの障がい児通所支援システムの場合、総合支援法ではなく児童福祉法に対応しなければなりません。


IT関係の真実

subpage2

日本における介護システムの要と言っても過言ではないのが介護保険です。これは民間の保険会社から販売されているものと、市町村が保険者である公的保険のふたつに分類できます。...

next

よく解る情報

subpage3

この頃の施設は充実した施設が多いことを知っていますか?私自身、介護に関わるようになってから知ることが出来ました。よく姨捨山とも呼ばれますが、実際そうではありません。...

next

難しくないIT

subpage4

いまや日本は高齢化社会へと遷移し、日本の全人口に対する老年人口の割合は年々増加しています。そうすると、福祉サービスを利用される方も増え、もしかするとこの記事を読んでいる方自身もその対象かもしれません。...

next

ITの秘密

subpage5

介護業務にシステムを導入するメリットは様々なものがあります。一つは業務効率を高め誤りを減らすことが出来ることです。...

next